2018年12月16日 (日)

手洗いの大切さ

最近急に寒くなりましたが、
子どもたちは寒さに負けず
戸外で楽しく遊んでいます。

あかね組担任の髙橋です!

インフルエンザが流行り出す
この時期ですが、
寒くなり水が冷たく感じるようになり、
手洗いが疎かになりやすい時期でもあります。

そこで子どもたちのために
栄養士さんが
手洗いの大切さを伝える活動を
行ってくれました。

最初は“魔法のクリーム”で遊びました。

魔法のクリームの正体は
片栗粉と水を混ぜたものを煮詰めて
練った片栗粉粘土です。

新しい感触に子どもたちは大喜び♪
(なぜ、片栗粉粘土を使用したかは
後ほど分かります!)


Img_5218

そしてその後、
いつも通り子どもたちに手洗いをしてもらい、
魔法のスプレーをかけると
子どもたちの手に
黒く変色部分が‼︎

えーーー?何これ?


Img_5219

「魔法のスプレーは
 目に見えないものが
 見えるようになるんだよ!」
と栄養士さん。

この黒くなった部分が
子どもたちの手についている
見えないバイ菌なんだ…と
いうことを伝えると、
とても驚いていました。


実は“魔法のスプレー”の正体は
イソジンうがい薬の希釈液で
この成分はヨウ素なので、
片栗粉のデンプンに反応して変色したのです。


Image1

実際は菌ではないのですが、
「変色」という方法で
子どもたちは
見えないバイ菌の存在や、
いつもの手洗いでは
洗えていない部分があるということを
自分の目で見て
知ることができました。

そして、どうやって洗うと
その汚れは落ちるのか?
実際に手洗いをして
体験することもできました!


Img_5221

その後、手を洗う時には
手首や指の間まで
しっかり手洗いをするようになったり、
今まで石鹸を使わずに
手洗いを済ませていた子は
バイ菌の存在を思い出し、
石鹸を使うようになったりと
変化が見られる子がたくさんいます。

このまま継続できると良いなと思っています。

今年もあと少しで終わろうとしています。
子どもたちが風邪をひかず、
元気に過ごせますように…*

2018年12月 9日 (日)

おいしい秋、満喫!

12月に入り、
子どもたちの気持ちは
クリスマスへ!

♪あわてんぼうのサンタクロ〜ス〜、と、
口ずさみながら
塗り絵や粘土あそび。

2番の歌詞、
♪煙突のぞいて落っこちた〜♪の
後には、
まっくろクロスケのお顔〜♪と
かわいい替え歌になっていましたよ♪

 

 

さて、先日掘ったさつま芋が
やっとみんなのお口に入りました。


幼児さんの「さつま芋パーティ」です!


芋は甘みを増すように、
土がついたまま新聞紙にくるんで
保管してありました。

そんな話にも
よく耳を傾けていたみんな。

次は、イモ洗いです。


あかね組さんや
やまぶき組さんが洗った芋を、
きれいに仕上げ洗いしてくれた
るり組さん。

Photo_3

 

 

ダッチオーブンに入れる時にも、
どこに入れようか考えて、
焼き上がりを楽しみにしていました。


いざ火が着くと、
まき木を焼く匂いがしたり
下から水がしたたり、
「へ〜、こんな風に焼くんだ〜」と、
目を真ん丸にして見入っていました。

 


Photo_4

 

焼きたてのいい匂いがしてくると
「できたよ〜!」の大合唱!

焼きたての芋をほおばると、
友だちと顔を見合せ
笑顔がこぼれました。

自分たちで、苗植えから水やり、
そして掘った芋の味は格別!
焼いてくださった方にも感謝し、
いただく事が出来ました。

 

Photo_5

 




まだまだ落ち葉もたくさんある公園。
幼児さんの自然観察会では、
落ち葉・枯れ木の匂いをかいだり、
音を確かめたり、寝そべったり…、
五感で秋を感じています。


Photo_7


Photo_8


「子どもは風の子」!
生活リズムを整え、
手洗いうがい・薄着で、
元気にクリスマスを迎えましょうね!

2018年11月30日 (金)

大阪万国博覧会と英語の歌

英語講師の秋田です。

先日、2025年に

大阪で万国博覧会が
行われることが
決まりました。


年齢がわかってしまいますが、
前回の大阪万国博覧会での記憶は、
幼かった私にも印象的でした。

一番覚えているのは、
カナダ館で案内をしてくれた
アテンダントでした。

小学生だった私からは、
とても背が高く、
かなりのイケメンに
思えました(笑)。 

会話をしたかどうかは
覚えていませんが、
外国を意識した
初めての出来事だったかも
しれません。


多くの子どもたちが
万国博覧会に行く機会があり、
世界に興味を持ってもらえると
いいです。


英語の時間では、
その月の歌を決めて

毎週歌っています。

取り上げるのは、
日本で比較的なじみがあり、
リズムもわかりやすく、
歌詞も繰り返しが多い歌です。


歌に合わせた絵本で
ストーリーを導入して、
簡単な振りを付けて歌います。


Dsc_0500


そうすることによって
歌の意味も、
理解しやすくなります。


しかやまの子どもたちには、
歌詞をしっかりと
伝えていることもあり、
月の最後には、
ずいぶん定着しているように
思います。


11月には、
Circle(サークル)、
Triangle(トライアングル)、
Square(スクエア)を
取り上げ
"The wheels on  the bus ." 
バスドライバーになったつもりで歌いました。


12月は
''We  wish your  Merry Christmas."

です。

この時期、
よく聞かれる歌です。

12月24日頃には、
歌えるようになっていると
いいです🎄



2018年11月17日 (土)

11月の旬の野菜メニュー

こんにちは。
調理師・水野です。

虫の鳴き声もいつしか消え、
冷気を感じる季節となりました。

体調を崩しやすくなりがちな今、
食事から
パワー(免疫力)をつけてもらいたい…

との思いで、
11月は旬の野菜を使った
メニューを取り入れてます。

まずは、レンコン!
レモンの1.5倍の
ビタミンC(免疫力を高める効果)が
含まれている野菜です。

素晴らしいパワーをもった野菜ですが、
子どもたちには、
なかなか認められていない
野菜でもあります。


「子どもたちに
 たくさん食べて欲しい!」と思い…

カレーに入れたりしました。

Image2

今月は
中華丼にも
レンコンを入れています。

続いて、里芋!
カリウムを豊富に含んでいて、
身体の不調を整える効果があります。

一般的に和食に使われていますが、
園では…

ジャーマン里芋にしたり、

Image3

里芋のクリームシチューにしたり、

Image4

子どもたちが
食べやすいようにしました。

どのメニューも
喜んで食べてくれました。

旬の野菜を、
見た目や歯触り等だけで
食べない判断をすることのないように、
馴染みのある味付けに
加えることで、
苦手な物から好きな物へ…との
願いを込めて、
毎月、旬の食材を使った
メニューを取り入れて、
美味しく、楽しい、
記憶に残るような食事を心がけています。

子どもたちの中には、
食事の中の食材に…

「これは何?」と
興味をもつ子もいます。


毎朝、
「今日のご飯はなに?」と、
目をキラキラさせて
聞いてくれる子どももいます。

そんな子どもたちの気持ちに
応えられる食事作りを
していきたいと思います。


2018年11月10日 (土)

秋のお楽しみ

秋も深まり、
目にもお腹にも嬉しい季節ですね。

保育園の畑では、
春に苗植えをしたサツマイモが
しっかりとツルを伸ばし、
子どもたちの注目の的に。

そこで、
お天気もいい
10月、
幼児さんとツルを引っ張り、
芋掘りをしました。

 


Photo


ツルの先には
おいしそうな色のサツマイモ。

「こんな風になってるの!?」と
驚きながらも、掘る楽しみが倍増!

モグラさんの手で
しっかり掘ったサツマイモは、
もうすぐ
焼き芋パーティーでいただきます。

 

Photo_2


そして、11月。。。
真っ青な空のもと、
きれいに紅葉した公園に
遠足に出かけました。


形・色・手触りがちがう
葉っぱ葉っぱ…。

「何を作ろうかな」
「どんなふうに貼ろうかな」と
考えながら落ち葉拾い。

 

Photo_3


幼児さんの遠足では、
異年齢で触れ合い、
年長さんにあこがれを持ったり、
年少さんに思いやりを持ったりと、
ステキな光景が見られました。

 


1


「これできないよ~」と
困っていると、
お姉さん・お兄さんの
るり組さんが優しく手伝う姿は、
とっても微笑ましいと同時に、
成長を感じます。

 

猛獣狩りゲームであそぶと
大盛り上がり!!


そして
「おなかすいたよ~」の大合唱!

 


Photo_4


「お弁当おいしい!」
「早起きしてママと一緒に作ったの~」と、
大満足のお弁当!


朝早くから、
愛情たっぷりのお弁当を
ありがとうございました
🌼

深まる秋とともに、
友情も深まっていることが
嬉しい秋。

子ども同士が、
あそびをきっかけに
つながるチャンスを
大切にしていきたいです。

2018年11月 4日 (日)

0歳児もえぎ組・絵本の読みあいPart2

こんにちは。
0歳児もえぎ組の河合です。

今回は、7月に引き続き、
もえぎ組での
絵本の読みあいについて、
その後の様子をお伝えします。

 

10月、11月、12月の
3ヶ月間に
わたしたちは以下の絵本を選びました。

 

Photo

 

4月から絵本の年間計画をもとに
絵本を読みあってきた
もえぎ組ですが、
10月に入り、
爆発的に絵本への熱が高まり、
文字通り“読書の秋”を迎えています。

 

登園すると、
まずは絵本コーナーへ向かい、
「あっ!あっ!」と
指差しをしたり、
足をバタバタさせたりして、
自分が読んでほしい絵本を
訴える子どもたち。

 

Photo_2

 

絵本を30分くらい・・・
いえ、日によっては
1時間くらい
繰り返し何度も何度も
読みあうことが続きます。

 

Photo_3

 

何度も何度も
読みあっているので、
日に日に理解が深まります。

例えば、
『おつきさまこんばんは』
(林明子作・福音館書店)は
ストーリー性のある絵本ですが、
読みあっていくうちに、
おつきさまの顔が
雲で隠れてしまうと、
「だめだめ」と首を振ったり、
おつきさまの顔が
無事に出てきた場面では、
おつきさまと一緒に
満面の笑みを
浮かべたりするようになり、
おつきさまの表情とともに、
子どもたちも
同じ気持ちになって
ストーリーを追っているかのようです。

そして、
「まんまる おつきさま 
こんばんは こんばんは」の
言葉に合わせて、
「こんばんは」と
お辞儀をする子もいます。

最後は、
裏表紙のおつきさまを見て、
決まって「べー」と
舌を出して
おつきさまの真似をしています。

 

Photo_5



子どもたちは
絵本の画面を見ながらも、
必ず読んでいる大人と
表情や言葉を交わしあったり、
時には
一緒に読みあっている
友達と顔を見合わせて
「べー」と言うことが
うれしかったりする様子が
見られました。

 

Photo_6

大好きな大人や友達と、
大好きなものを共有する時間が、
絵本を読みあうことの
醍醐味ではないでしょうか。

 

自分が楽しいこと、
面白いこと、
発見したことを
大人や友達と共有する時間が、
本当に楽しい時間になることを
もえぎ組の子どもたちは
知っているかのようです。

みなさんの秋は
どんな秋でしょうか。

もえぎ組の
秋の様子をお届けしました~。

2018年10月26日 (金)

楽しかったね!うんどうかい

秋晴れの清々しい1020()

待ちに待った
「うんどうかい」が開催されました。


今年のうんどうかいは、

『ご家族の方と子どもたちと
一緒にたのしもう!』という思いで、
親子で参加していただけるような
競技を多くとりいれ、
みんなで
たのしい時間を共に過ごそう!と、
子どもたちと私たち職員も、
この日を心待ちにしていました。

 

開会式では、
親子で体操をして、
○×クイズをして、
からだもこころもリラックスしてから
競技開始!

0,1,2歳のお友だちの
「いいものみーつけた!」では、
「いってらっしゃい!」の声かけと共にスタート。

風車をもらってニッコリ嬉しそうでした。

 

Image1

 

あかねぐみ、やまぶきぐみ、
るりぐみのお友だちは、
かけっこ、リレー、
大玉ころりんなど
お父さん、お母さん、
ご家族の応援の中、
「見ててね!」と、
精一杯がんばっていました。


赤組白組とわかれていたので、
勝った!負けちゃった!と、
喜んだり悔し涙を流したり。。。
そのひたむきで一生懸命な姿に、
目頭が熱くなる場面もありました。

 

今年は、
こととも保育園しかやまで
はじめてのパラバルーン
「LET'S GO いいことあるさ!」では、
るりぐみさんが魅せてくれました。

みんなで
きもちをひとつにして…。

こころを合わせて
息を合わせて…。

みんなのきもちしっかり伝わってたよ。

 

Image2

 

お父さん、お母さんも、
競技に参加!

綱引き、玉入れ、油断大敵という
保護者競技も
たくさんの保護者の皆様に
参加していただきました!

 

Image3

 

開会式、閉会式、プログラム紹介は、
るりぐみ、やまぶきぐみの
子どもたちが
自分たちで、紹介してくれました。

練習の時は大丈夫だったけど、
さっきまで言えていたんだけど、
大勢の人を前にして、
ドキドキ、鼓動が伝わってくるようでした。

一人一人勇気を出してがんばりました。

 

Image4

 

今年が最後のるりぐみさん。

みんなで記念写真!

どの子もホッとした表情。

うれしそうな笑顔の中に、
自信と勇気を感じました。

こどもたちは、素晴らしいですね。

とってもたのしかった!

自分に負けないぞ!

みんなと一緒だったから
頑張れたよ!

 

こんな心が動くような経験を
たくさんして、
楽しいことや
好きなことをたくさん見つけて、
大きくなっていって欲しいなぁ
と、思いました。

参加していただきました、
ご家族の皆様、
晴天で、少し汗ばむ暑さの中、
子どもたちの応援をありがとうございました。


Image5

 

2018年10月21日 (日)

お散歩マイケル

こんにちは。
ももぐみの山口です。

秋の気配が
ますます深まるこの頃。

子どもたちは落ち葉を踏みしめたり
どんぐりを拾ったりと、
秋の自然に親しんでいます。

急に朝晩は冷え込み、
朝がなかなか寒くて
起きれないことが
増えてきました方も
多いのではないでしょうか。

…そうです、わたしです(笑)

ですが、
日中は過ごしやすい気温となり、
散歩や戸外あそびに
最適な季節となりました!

ももぐみさんは…
戸外あそび大好き!
自然物も大好き!

Dsc07984


Dsc07998

散歩に出掛けたら、
どんぐりや木の実、葉っぱなど
自然物を見つけるのが得意です★

そして、
それを散歩中握りしめて、
愛着もわいてしまうほどです!

そんなももぐみさんだからこそ
散歩バックを作りました♪

Dsc_4883

名付けて、、、
『マイケル』です!

なぜ、マイケルというのか?
…ももぐみの担任の遊び心です(笑)

『マイケルもってこうね』
『〇〇のマイケルいるよね』

先週作ったばかりで
まだ出かける前にも関わらず、
もはや愛着がわいています♪

そんな子供たちが可愛らしいです。

戸外にはたくさんの発見があります。
それを大人がどう受け止めて、
子どもにどう返すかで
全然変わってきます。

子どもの世界観を大切にして、
じっと時間をかけて見守ることや、
見つけた発見に答えを教えること、
逆に、教えずに
疑問を持たせることも大切です。

たった一つの声かけで
子どもの散歩が
また違った楽しみ方もできるのです。

なにげない散歩も
子どもたちには冒険です!

そんな散歩のお供として
『マイケル』が
役に立ってくれたらと思います!

これからもたくさん出掛けて、
いろいろなものを見つけてこようと思います!

Dsc_4884


そして、土曜日は
こととも保育園しかやまの運動会でした☆

ももぐみさんも運動会ごっこを楽しみ、
『位置について…よーい…どん!』を
ポーズもして走ることができるようになり、
今ではかけ声とともに走っています。


そして、
歩く時やトイレの時、
なにげない時に
園を歌口ずさむ子もいましたよ。


まだまだ園全体で
運動会ブーム、運動会ごっこは
続きそうです♪


来週、櫻井さんが
運動会の様子をお届けするので、
次回の更新をお楽しみに~☆☆☆

2018年10月12日 (金)

あかね組の室内遊び

最近は少しずつ
涼しくなってきましたね。
園庭やお散歩先で
秋をたくさん見つけるようになりました。

こんにちは!
あかね組担任の高橋です。

こととも保育園はもうすぐ運動会を控え、
園庭にはトラックが描いてあります。

そのため、
戸外あそびをすると
幼児クラスのお友だちは
かけっこやリレーをして遊ぶ姿が
見られるようになりました。

あかね組のみんなも
運動会の日を心待ちにしています。

さて、前回ブログを担当した時は
積み木あそびの変化をお伝えしました。
今回は、
最近の室内あそびの様子を
お伝えしたいと思います。

Img_40581

最近あかね組では、
プリズモが大人気です!

大きいサイズと小さいサイズがあり、
毎日たくさんの作品ができあがります。

初めてプリズモを使った日は、
ボードに好きな色のパーツを
ぎっしりと並べることに
喜びを感じていました。

それが色ごとに規則正しく並べたり、
形を表現したりする子が
少しずつ出てきました。

“型にはめることが楽しい”だったのが
構成を考え、
ボードにお絵描きを
しているかのようになりました。

完成した作品を
毎回とてもうれしそうな表情で
見せてくれます!

自分で考えたり、
お友だちや保育士の作品を真似てみたり、
お友だちと一緒に一つの作品を作ったりと
取り組み方は毎回様々で、
その分、
たくさんの種類の作品ができています。

窓際に飾ると光が入り、
ステンドグラスのようになるので
あかね組の窓際は
みんなの作品のおかげで
とてもきれいです。

その他にも、
ロンディが小さいサイズになりました!
小さくなった分、
より細かくイメージに近づけて
作品を作ることが
できるようになります。

怪獣さんと恐竜さんを
作って見せてくれました!


Img_4066

そして、積み木でも
上手に表現しています!


Img_3917

このように
タイトルがつけられるような
作品が増え、
作った子は一生懸命
説明をしてくれます。

一つ一つの作品に込められた
意味を知ることは
とても面白く、
子どもたちの発想力に
感心してしまいます。

これからまた、
新たな作品ができていくことが
楽しみです。

子どもたちの“今”を大切にして、
発達に合わせたおもちゃを準備し、
環境を整えていきたいと感じます。


Img_3936




2018年10月 5日 (金)

こんとあき

台風が去った後の
爽やかな秋晴れの日、
子どもたちは園庭やお散歩先で
トンボを見つけると、
タモを持ち、追いかけ回っています。

るり.やまぶき組担任の梶野です。

今、るり.やまぶきの子は
『こんとあき』の絵本の
「こん」に夢中です!

『こんとあき』は
互いを思い合う、
とても心温まる
素敵な絵本のひとつです。

大好きな絵本『こんとあき』を
読みあった後は
いつも
「こんに会いたいなぁ」
「どうしたら、こんに会えるのかな?」と
かわいい会話が聞こえていました。

「手紙を書けばいいんだよ! 」
「こんの好きなお弁当作って
 おいておけばいいんだよ! 」
「でも、どこに置く? 」

…などなど、
子どもたちの
作戦会議がひかられました。

Image1

手紙を書き、ポストを作り、
お弁当をつくり…。

みんなで
「こんが来てくれますように」と
お願いをしました。


Image2

「玄関からすぐ見える場所がいいよ!
 すぐわかるから」
…と、
子どもたちはいろいろ悩み考え、
お互いに意見を出し合い、
受け入れ…。

イメージを共有し、
目的に向かって
協力し合っていました。


お弁当を作り置いた
次の日の朝…。

お弁当が空っぽになっているのを
見つけると

「収美さん!片付けた?」
と聞かれ、
「私が帰る時はあったよ」
と伝えると…。

少しの間、黙って考え、

「こんだ!こんが来てくれた?
 こんが食べてくれた!」

「ポストの中も見て!
 手紙は?ある?ない?
 早く早く!」

次はどうするか?
またまた、作戦会議が開かれ…
こんの話を
みんなで何時間したことでしょうか!

Image3

玄関の門の辺りで…
「あれ?こんがいるよ」と
小さな声で教えてくれました。

あまりの驚きに
子どもたちは声も出ず…
みんな立ち尽くしていましたが、

「やったー!やったー!
 こんだよ、こん!
 こんが来てくれた!」

保育園中に響きわたる声で
子どもたちは大喜びでした!


Image4

こんが来てからは、
こんに寄り添いながら
お世話をし…。

どうしたら
こんが嬉しいか、
笑ってくれるのかを考え、
こんが過ごしやすい
環境つくりをしています! 

「お留守はかわいそう」
「公園にも連れて行ってあげよ!」
「すべり台、一緒にやる!」
「こん、絶対喜ぶよね!」


毎日のように
かわいい、心温まる会話が
聞こえます。


子どもたちの
豊かな感性の世界観を
大切にしていきたいと感じています。


子どもたちと一緒に
こんの世界を楽しみ、
こんとの
素敵な思い出作りをしたいなぁと…
かわいい子どもたちに囲まれ、
思っています。

«英語で楽しむ国旗と世界地図

無料ブログはココログ