2018年2月17日 (土)

当たり前のこと

英語講師の秋田です。
先日のしかやまでのできごとです。 

子どもたちや先生のほとんどが
園庭等に出ている
ひっそりとした一階の子ども用のトイレに
あかね組さんの男の子が
一人でいるところを見かけました。

ちょうどトイレを済ませて出てくるようで、
使ったスリッパを
手でちゃんと向きを揃えて並べていました。

誰も見ていないところで
丁寧にスリッパを揃えている姿に感心し、
廊下に出てきた 男の子に
「次の人のためにスリッパを 直してえらいね‼」と
声をかけたら、
当たり前のことをしただけ…    というような
キョトンとした顔をしていました。

その時に思い出したのが、
家族と共にアメリカから
帰国して間もなくのこと。
当時、2歳の次男は誰に対しても
「こんにちは」と言っていました。

アメリカ社会では、スーパーマーケットのレジ係の人、
公園で会う初めての人にも
゛Hello! ″と笑顔で挨拶をするのが普通です。

これはとても良い習慣だと思います。
(相手に「自分は安全な人だよ 」とアピールし、
フレンドリーな印象を与えるためです)

日本に帰り、同じように
誰にでも挨拶をしていた次男ですが、
周りの大人からは
返事をしてもらえないこともあり、
だんだんと挨拶しなくなってしまいました。

子どもの頃は当たり前にできていたことが、
大人になるにつれ、
失われてしまうのは大変残念なことですね。

今、あかね組とやまぶき組では
゛英語で遊ぼう″の練習をしています。

みなさんの前で英語で話すのは
とても緊張すると思います。

これからいろいろな人と出会う子どもたちが、
英語で自分を表現できるようになって欲しい
…という思いを込めています。

写真は最近、しかやまの子どもたちに人気の絵本です。

Img_20180217_211437

Dsc_0315

 




2018年2月11日 (日)

節分

厳しい寒さが続くこの頃…。
子どもたちは、ひんやりした空気を肌で感じたり、
白い吐息を吐いたりと、
小さな身体で季節を感じながら過ごしています。

やまぶき組の梶野です。
2月2日…
保育園では節分の豆まきをしました。

子どもたちは
「鬼、本当に来るのかな?」
「怖いから嫌だな!ドキドキしちゃう」などと、
楽しみ?でありながらも、
ソワソワ、ドキドキしていました!


泣き虫鬼、怒りん坊鬼、意地悪鬼…
「心の中の鬼をやっつける!」と
お友だちと話していました。

Image1_2
自分たちで作った升に豆を入れて…
いざ出陣です!

1人の子が勇気を出して豆を投げると、
他の子も必死で鬼目掛けて投げていました。


Image2

鬼が近づいてくると怖くて、
部屋の中を逃げ回っていました。 
みんな声を合わせて
「鬼はそと!福はうち!」と大喚声あげていましたが…
投げる豆がなくなると、
部屋の外に行ってしまいました!

1人取り残された鬼を
部屋から追い出さなくてはなりません!

「落ちている豆を拾って投げればいいんだよ!」
との声に、みんな勇気を出して部屋の中に戻り、
先ほどより大きな声で
「おには〜そと!」と
鬼をめがけて一生懸命投げました!

鬼を退治し、部屋に戻ると
福の神(園長先生)から1人ずつ豆をいただきました。 
ホッとした表情の子どもたちでした。

心の中の鬼もいなくなったかな?

Image3

お食事はビビンバの手巻きを自分で作り、
南南東を向いて一本は静かにいただきました。 
二本目からはいつもの賑やかなやまぶきさんで
楽しい会話しながら、おいしくいただきました。

Image4

おやつはかわいい鬼のゼリーでした!

「かわいい!」
「どこから食べよう?」
「 食べるのもったいないなぁ!」と
ゼリーをみて大喜びの子どもたちです。

「ぼくは、目から食べるよ」
「わたしは角からにしょう!」

Image5


かわいい鬼のゼリーはあっという間に完食でした。

一年の無病息災を願って、
笑顔いっぱいの毎日を過ごせますように…
心から願っています。

心も強くたくましくなったように思います。

2018年2月 4日 (日)

1月の特別メニュー ~セルフサンド&イチゴのオムレット~

調理師の水野です。

雪の降る寒い日が続いていますが、
こととも保育園の子どもたちは、
ほっぺを真っ赤にしながらも
外で元気いっぱい遊んでいます。

身体を動かして遊んでいるので、
子どもたちはお昼にはお腹がペコペコに…。

普段もたくさん食べてくれていますが、
特別メニューの日は、さらによく食べてくれます。

1月の特別メニューは、「セルフサンド」。
あかねぐみ、やまぶきぐみさんは、
食パンをバンズにして、
煮込みハンバーグとコールスローサラダを
自分ではさんでもらいました!


Image1

子どもたちは自分で作ったバーガーを
大事に大事に食べていました!

おやつは…
フレッシュなイチゴをつぶして…

Image2
生地や豆乳クリームに混ぜて…
淡いピンクの生地とクリームができました。

Image3_2

フレッシュのイチゴを使ったおやつは、
見た目も香りもよく、
子どもたちはあっという間に食べてしまいました。

Image4

自分でやる楽しさ、食材の見た目、
香り、味…など、
今後も五感を刺激するような給食づくりを
心がけていきたいと思います。

2018年1月28日 (日)

凧あげ

こんにちは。
フリー保育士の渡邊です。

毎日寒い日が続きますが、
子どもたちは元気いっぱい!

もも組、あかね組、
やまぶき組のおともだちは、
自分で作った凧を空高くあげようと
走る走る!

Image2
Image31

もも組さんは今年の干支である
犬の凧を作りました♩
いろいろな
表情をしている犬さん。
かわいいですね〜(^v^)

Image21

あかね組さんはビニール袋に
好きな絵を描いて作りました!
新海池公園の芝生で思いきり
走って凧あげを楽しみました♩

Image1

Image11


やまぶき組さんも好きな絵を
描きました!
絵を描く前日に

みんなで虹を見たので、
虹の凧を
作ったおともだちが多かったです♩

さすが、やまぶき組さん!
走るスピードが早いので
凧がどんどん上へあがります!

「あがったー!」と喜ぶ声が

たくさん聞こえてきましたよ(^v^)

お気に入りの凧を持ち帰った際は
是非一緒に凧あげを楽しんで下さいね!

2018年1月21日 (日)

絵本との出会い

もえぎぐみの、櫻井です。

寒さが一段と増す時期になりました。

寒さの中の太陽の光が
とてもまぶしくあたたかく、
春が少しずつ近づいて来てくれるようで、
なんだかうれしくなります。

 

年末年始を、ご家族やおじいちゃまおばあちゃま、
ご親戚など、たくさんの方から、
愛情をたっぷり受けて過ごした子どもたち。

新年あけてからの子どもたちは、
どの子をみても、グッと成長をし、
満たされた心をとても感じました。

そのことがとてもうれしく、
こちらがしあわせを
わけてもらっているようです。

 

春から、もえぎぐみでは、
絵本を読み合う時間を
大切にしています。

もえぎぐみの子どもたちにとって、
初めて出会う絵本たち。

Image1_2

 

一年間でこの絵本たちを
順番に読んでいます。

今年の絵本は
私たちが目指しているまどか保育園
(樋口 正春先生のもと、
育児担当保育実践をされている
有名な保育園です)
年齢にそって選ばれた絵本を参考に、
私たち担任の大好きな絵本もおりまぜて
選びました。

 

この数ヶ月、いつも、子どもたちが
リクエストしてくれる大好きな絵本はこれ。

Image3

 

「おさじさん」

おさじ?…と、わかる世代、
わからない世代があるかもしれません。
我が子が幼い時、大好きだった絵本。

おさじさんが、とろとろににえた
たまご入りのおかゆを食べるのを、
おてつだいしてあげる。
…と、うさぎさんにいいますが、

「いいの いらないの ひとりで 食べるよ」と
あつあつのおかゆに鼻をつっこみます。

「あっちっち あっちっち おはなは
やけど ほっぺは くわん くわん
うさぎのぼうやは えーん えーん」


Image11

 うさぎさんと一緒に、あっちっちと仕草をしたり、
えーんえーんと、泣く仕草をしたり。
登場するうさぎさんに自分を重ねている様子。

 そのあと、おさじさんが、
「ないてはだめよ。おてつだいいたしましょう。」
と登場します。

その場面で、子どもたちから、
ほー!っとした、ため息や
肩に力が入っていたのが
抜けていくような空気になります。

絵本の世界に自分も入り込み、
感じたままに表現しようとする
姿やことばに、
感心するとともに、
なんとも愛おしく感じます。

最近、お部屋では
おままごとで、お人形さんに
ごはんをあげる様子も見られたりしています。

Image12  

子どもにとって絵本との出会いは、
その後のあそびや生活、創造力を
豊かにしてくれるきっかけになるのだなぁと、
子どもたちの姿をとおし、
学ばさせてもらっています。

 絵本を読む時間は、
私にとっても幸せな時間です。

これからも、たくさんのすてきな絵本に出会い、
ファンタジーの世界を広げていって欲しいと思います。


そして、子どもたちにとって、
温かく、幸せな時間になってほしいと、願っています。

2018年1月14日 (日)

ぺったらぺったん♪ お餅つき大会

あさぎ組の河合です。

新しい年が始まりましたね。
こととものお友だちも、
元気に新年のスタートです。

まずは、今年も神様パワーをもらって、
強い子になりますように…と、
お餅つき大会をしました。


Image001_2


昔からおめでたい日には
餅を食べる習慣がありましたが、
それは
「神様と同じものを食べて、神様の力を分けていただく」
という意味合いがあるからだそうです。


炊飯器や餅つき機などの機械でも
お餅はつくることができます。
でも、機械では
神様とお話しすることができません。
臼と杵をつかって、
一生懸命『よいしょー!』と餅つきをすることで、
神様に喜んでもらえるようですよ。


Image002


乳児さんは大人の人やお友だちと、ペッタン!

幼児さんはまず、もち米を試食。
「へ~、これがお餅になるんだ~?」と、
疑問を持ちながら、
重~い杵を持って、ペッタン!
だんだんお餅になっていく様子を見ることで、
おいしさも
2倍に


Image003_2




年末年始の餅つき行事なんて、
あまりにも当たり前すぎて
何の疑問も持たずにやってしまいがちですが、
伝統行事というものは子どもにとっては
「どうしてこんなことをするんだろう」
という不思議でいっぱいなのでしょうね。

楽しむことが一番ですが、
その意味を知り、
伝統や歴史に興味をもつことができれば、
ほかのさまざまな行事も楽しくなるかもしれませんね。


Image005_2


最後は、園長先生の出番です!

「今年も一年、こととものお友だちが、
元気になかよく過ごせますように…」の、
願いを込めて、ペッタン!

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

2017年12月28日 (木)

クリスマス会

ついに、 こととも保育園にも、、

あの方が、、、
あの方が、やってきました。


そうです、遠い国のあの方です。

Img_2680

こんにちは、もも組の鈴木です。

25日はクリスマス会でした♪
以前からとっても楽しみにしていた子どもたち♪

ももぐみ、あかねぐみ、やまぶきぐみは
サンタさんにお手紙も書きました♪

当日の朝からは聖歌隊の保育者は緊張ぎみ…。
聖歌隊によるハンドベルは…。
♪牧人ひつじを
♪アイシンググレース
リコーダーは…。
♪諸人こぞりて
♪きよしこの夜…を演奏しました。

子どもたちは耳を済ませて
音色を楽しんでいましたよ。

Img_2681

すると…
りん♪りん♪りん♪りん♪…
サンタクロースさんが
こととも保育園にきてくれましたぁ♥️♥️♥️

インタビュータイムでは
Q.おひげはどおやって洗うんですか
Q.すきなおもちゃはなんですか
Q.お母さんはいますか
などの質問がでました。
そして一人ずつプレゼントをもらいました!!!

Img_2682


なんと、なんと…
お部屋に帰ると
クラスにもプレゼントを用意してくれました♪
ももぐみさんは気づいておらず…
保育者が気付くと子どもたち大喜びでした(*^^*)


おやつは特別メニューの
『クリスマスケーキ』。
サンタさんの顔をどうやって食べようか
考えながら食べてました!

Img_2684


今年も残りわずかとなりました。
2017年はどんな1年でしたか?
来年も子どもたちが
健康で楽しく幸せに過ごせることを祈ってます。

1年間、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

2017年12月24日 (日)

おちばきょうそう

今年も残りわずか‼︎
そして、年が明ければ、
今のクラスで過ごすのも
あと3カ月になり、
あっという間に1年が経ってしまいますね。
残りの日々もみんなでたくさん 笑って過ごしたいです。

こんにちは。 あかね組担任の斉藤です。

寒さも厳しくなっていますが、
公園へ出かけると、
元気いっぱいに遊ぶ子どもたち。
上朝日出公園のローラー滑り台があるところは
あたり一面、 落ち葉で埋め尽くされています。
それを見るだけで大人である私も
ワクワクしてしまいます♪

あかね組では秋に
『おちばきょうそう』という絵本を読んでおり、
子どもたちは落ち葉を見ると
「おちばきょうそうしよう!!」と言って
落ち葉をひたすらに集めています。 

Image11

前回、上朝日出公園へ出かけた際は
「おふろつくろう!!」と言い、
最初は2人で始めていた、おちばきょうそう。
それが徐々に人数が増え、
最終的には半数以上の子で 落ち葉を集め、大きな山に‼︎ 

Image2

「おふろ」と言いながら 作り始めたふたりは
そのおふろを大事にしたいらしく、
崩してほしくない思いがありました。
ですが、 見るからに入りたくなる落ち葉のおふろに
惹きつけられた何人かの子が、
勢いよくおふろへダイブ‼︎

それを「やめてー‼︎」と必死に止める子たちと
楽しすぎてその声が届かず、 落ち葉に埋もれながら笑い合う子たち。
保育者が仲介に入り、 もう一回みんなで作り直し、
おふろは大事にとっておくことに。
埋れたい気持ちもわかるので、 少し離れた場所で
寝転がった上に落ち葉を掛けたり、 みんなで降らせたり、
また、落ち葉が広がっている芝生の斜面を
みんなで転がりながらおりたりと、
葉っぱまみれになりながら、 全身を使って遊びました。

着ていた上着もいらなくなるほど、
たくさん身体を動かした子どもたちです。

寒い時期になり、
外へ行くのも 大人は嫌になるかもしれませんが、
子どもたちは本当にイキイキした表情で 楽しんでいます‼︎

ローラー滑り台でも お友達と一緒に滑ると、
スピードが出る楽しさがあり、みんなで連なって滑っています。 

Image12

上朝日出公園のローラー滑り台のところは
遊具はそれだけしかないですが、
子どもたちはそれでも楽しみをどんどん見つけ、遊んでいます。

大人にとっては あまり何もなくて楽しめないかも?!と
思うところでも、子どもは遊びの天才‼︎

自然の中でいくらでも楽しみを見つけられる力を持っています。
寒くなり、ご家庭では公園で遊ぶことも
少なくなるかもしれませんが、
お天気がいい日はお子さんと一緒に遊びに行ってみてください。

2017年12月17日 (日)

からすのパンやさん

こんにちは。
厳しい寒さになってきましたね!
やまぶき組の梶野です。 

毎朝「寒いね〜」「手が冷た〜い」と言いながら
身体を丸めながら話している子どもたちですが…
やまぶき組さんはいつも元気いっぱいです。

「からすのパンやさん」加古里子作  の絵本を題材に
やまぶき組で、からすのパンやさんを開店することになりました!

Image1


まずはパンを作らないといけないね!
お金もいるよ、パンを掴むやつ(トング)、
ポイントカードもいる!
あっ!看板もいるね…
子どもたちは想像しながら

いろいろな意見を出しあい、決めていきました。


Image2

車パン、星パン、えんぴつパン、長靴パン…
一人ひとり思いを込めてパン作りをしました。 

いつも使っている粘土とは使い勝手が違うため、
少し作りにくいところもあったようでしたが、
「お腹空いてきちゃった」
「食べたいね」
「これ!すんごくおいしいんだよ」なんて
微笑ましい会話をたくさん聞くことができました。   

パンを乾燥させてニスを塗り、
またまた乾燥するまでに時間がかかり、
子どもたちは
「まだ?パンできないの?」
「お客さん帰っちゃうよ」と、
できあがるのが待ち遠しくて仕方がないようでした。



Image3

看板を廊下に出し、
いよいよからすのパンやさんがオープンします!   
「いっらっしまいませ〜」
「安いよ〜」
「こっちのが、おいしいよ」
お店の人役の子どもたちは
それぞれ自分の経験したお店の人になりきっているようで
生き生きと楽しそうです。




Image4

レジをお願いし、お金もポイントカードも
忘れずに渡します! 

毎日の何げない行動も
子どもたちはしっかり見ているんだなぁと
感じることがたくさんありました。


最近は気まぐれにオープンしている、
からすのパンやさんですが…
子どもたちがワクワク楽しめる毎日にしたいと
日々思っています。


さぁ!
12月はまだまだ楽しいことがたくさん待っています。

体調を崩さないで、
楽しいことみつけましょうね!

2017年12月10日 (日)

ホリデーシーズンの過ごし方

こんにちは。
英語を担当しています秋田です。

12月に入り、街はクリスマスの飾り付けで
とても華やかですね。

私が昔住んでいたアメリカから、
ハロウィンとクリスマスの写真が届きました。

Fb_img_1509175213831180x2401_3

カナダと隣接する州に住んでおり、
ハロウィンの10月末には既に初雪が
降ったそうです。



Fb_img_1509175449640288x384_2

日本で一般的に見られるかぼちゃと

見た目も大きさもずいぶん違いますね。
中身を出した後、ナイフで顔をくりぬきます。


クリスマスの飾り付けがされたリビング。
くつろいでいる姿は半袖と、
いかにもアメリカらしい様子がうかがえます。

Fb_img_151241394059690x1201

この写真をしかやまの方に見せても良い?

と尋ねたら
  ゛How exciting!″(ワクワクするね!)と
快諾してくれました。


アメリカのごく一般的な家族のヒトコマです。

ところで、クリスマスプレゼントが
置かれる場所は
アメリカとイギリスでは
違うんですよ。

アメリカでは、リビングに飾られた
クリスマスツリーの下に置かれます。

24日の夜にはサンタクロースのために、
クッキーとミルクを用意します。

翌朝、少し減ったクッキーやミルクと
置かれたプレゼントを発見した子ども達は
サンタクロースが本当に来たのだと喜びます。


イギリスでは、寝る前に枕元に
ストッキング(靴下)を置きます。

そして、サンタクロースにはブランデーなどを、
トナカイにはニンジンを
用意することもあるようです。

そして翌朝、枕元にサ
ンタクロースからのプレゼントが置かれているのです。
アメリカで生活していた頃は、
子ども達と一緒にクッキーを焼き、
クリスマスを
迎える用意をしたことを
懐かしく思い出しました。



しかやまの皆様がご家族で、
良い年末年始を過ごされますこと、
心より願っています。

«11月の特別メニュー  ~根菜カレー~

無料ブログはココログ