« かき氷パーティ | トップページ | 夏の楽しみといえば… »

2018年8月19日 (日)

あそびの変化

今年は猛暑が続いていますが、

子どもたちは夏のイベントを楽しみ、
元気に過ごしています!
あかね組担任の高橋です。

最近は外で遊ぶことが
少なくなっていますが、
その分、室内あそびの時間を
たくさんとるようになり、
遊び方にも変化が見え始めてきました!

進級当初のあかねさんは、
一つのあそびに熱中するというよりは、
少し遊ぶと満足して、
すぐに別のあそびへと変わってしまい、
こちらからいろいろなあそびを
提案することも必要でした。

それが最近は
一つのあそびに熱中して
遊び込む姿が見られるようになってきました。

その変化の一例として
今回は積み木あそびを紹介したいと思います。


Image1

はじめの頃は、
積み木を横に並べて、
トラックや電車などの乗り物に
見立てて遊んでいました。

積み木コーナーに
いろいろな積み木が転がっていることも‼︎

それが積み木を並べて枠を作り、
その中に小さな動物のお人形を並べ、
『動物園』という世界が
できるようになりました。

そこから
『上に積んでみる』ということも始まり、
コツコツと熱中して積み上げる姿が
見られるようになりました。


Image21

一つのあそびに
これだけの時間を
かけるようになったことも
大きな変化でしたが、
それだけではなく、
驚いたのは途中で“崩れる”という
アクシデントが起きた時のことでした。

一生懸命積み上げる過程で崩れてしまい、
集中していたものがプツンと切れ
「もうイヤ!」となったり、
泣いてしまったりするのかと思いきや、
「もう1回やろう‼︎」と言って
再び積み上げ始めたのです。

その前向きに続ける姿が
とても頼もしく見え、成長を感じました。
集中力がついて
根気強く取り組めるようになったのだと
感じた瞬間でした。


Image31

今でははじめに置いておいた
積み木の数だけでは足りなくなってしまい、
2箱積み木を追加しました!

子どもたちが
頭の中でイメージした世界を
思う存分表現できるよう、
しっかり環境を
整えていきたいと思っています。


Image4

今後、さらにあそびが発展していき、
友達と話し合うことで
共通の世界をイメージし、
協力して一つの作品を
つくり上げる日が来るといいなと
願っています。

« かき氷パーティ | トップページ | 夏の楽しみといえば… »

無料ブログはココログ