« I can! | トップページ | あそびの変化 »

2018年8月13日 (月)

かき氷パーティ

立秋とは名ばかりの
厳しい暑さが続いておりますが…
子どもたちは元気いっぱいです。

るり・やまぶき組担任の梶野です。

6日にかき氷パーティーを行いました。
るり組さんが
何回も何回も話し合いを重ね、
準備をしてきました。

「チケットがいるよ!」
「メニューもいるから作らないとね」
「あー!看板作ってない!」

子どもたちは
毎日毎日楽しみながら
少しずつ作りあげていきました。

チケットも配り、
しっかり宣伝もして、
オープンの日を心待ちにしていました。

Image1

「楽しみだね!」
「お客さん来てくれるかな?」と
ワクワクと会話をしながら
進めていました。

Image2

かき氷のシロップは
あかねさん、やまぶきさん、
るりさんで決めた
‘‘いちご”と“ブルーベリー”です!

トッピングは
みかんとパイナップル‼︎

毎日「まだか、まだか」と
心待ちにしていましたが、
るりさんだけは
ちょっぴりドキドキしたようです。

Image3

最初にかわいいお客さま、
もも組さんが来てくれました!

「いっらっしゃいませ〜」が
なかなか言えなくて
顔も強張って、
いつもの笑顔が見られません!

メニューを持って行き、
オーダーを聞き、
責任をもってシロップをかけ、
トッピングをのせなければなりません!

笑顔で対応できる余裕は
なかったようで真剣です。

みんなで練習した時は
ニコニコかわいい笑顔でできました。
イメージトレーニングは
完璧だったるり組さん…

Image4

あかねさん、やまぶきさん…
保育士さん・調理師さんと
お客様がたくさん来てくださり、
回数を重ねる度に慣れてきたようで、
オーダーも上手にとり、
笑顔も見られるようになりました!

オーダーを聞いて、
作り忘れてしまうハプニングも
ありましたが…
るり組さんらしく
楽しいかき氷屋さんだったと思います。

Image5

日常経験していることを、
逆の立場となって体験してみることで
子どもたちは
様々なことを感じ、学んだようです。

「お店の人って、大変なんだね」と
話している声も聞こえてきました。

最後に、るり組さんは
自分のものは自分で作り、
「美味しい!」
「楽しかったね!またやりたいね」と
キラキラ輝く笑顔で
かき氷を食べていました。

ごっこあそびを通して
またひとつ、成長できた時間でした。

「やってみたい」
「できた!」という
子どもの思い
を大切に受け止め、
共感して十分に認めていくことで
「僕、私ってすごい!」と
感じられる経験を
重ねていけたらいいと思っています。

« I can! | トップページ | あそびの変化 »

無料ブログはココログ