« もちつき | トップページ | 冬のあったかメニュー~肉まん作り~ »

2019年1月20日 (日)

運動あそびから感じること

こんにちは

0歳児もえぎ組担任の西田です。

毎日寒いですが、
もえぎ組さんはいろいろなことに
興味をもって、
元気よくあそんでいます。

その中の
運動あそびについて
紹介したいと思います。

 

動きが活発になってきた子どもたちが
全身を使ってあそべるよう、
テラスに山を作りました。

好奇心旺盛な子どもたちは
夢中になってチャレンジし、
繰り返しの中で
コツを得て登れるようになると、
登るだけでなく
頭から勢いよくすべったり、
山の上に立ったり、
歌を歌ったり、
楽しみ方の幅が広がっていきました。

 

Photo


Photo_2


 

このあそびをきっかけに
運動面での発達は著しく、
バランス感覚も磨かれています。

「ビリボ」という半円の用具がありますが、
座ったり、片足で立ってみたり、
お腹を乗せて両手両足を
浮かしたりもするようになりました。

 

Photo_3

1


 

お部屋にある箱にも、
自分で身体を支えながら足を上げ、
全員が入れるようになりました。

 

Photo_4


 

どのあそびも簡単にできたわけではなく、
「やってみたい」と繰り返し、挑戦する意欲や、
最初はできなくても
「きっとできる」と信じて
あきらめない気持ちがあり、
だからこその
達成感や喜びを味わうことが
できたんだと思っています。

こういう時の笑顔は一段と可愛く、
一緒にその場で
喜びを共有できる幸せを感じます。
その存在として選んでくれたことに
感謝です。

そうすると、
「またやってみたい」という気持ちになり、
次につながっていきますね。


「環境が大切だ」と言われますが、
その最重要ポイントは、
「人という環境」だと思うのです。

安心して好きなあそびができる、
見守ってくれる、
助けてくれる大人の存在があるからこそ、
あそびが継続・発展していくと思います。

最近行った研修で
「愛は共感から成り立つ」と聞きました。
どれだけ心が通い合っているかが問われます。 

もえぎ組で過ごせる時間も
あと3ヶ月弱。
大好きな子どもたちとも、
担任間でも共感しあい、
楽しい毎日を過ごしていけたらいいなと
思っています。

« もちつき | トップページ | 冬のあったかメニュー~肉まん作り~ »

無料ブログはココログ