« 冬のあったかメニュー~肉まん作り~ | トップページ | 鬼は外!福は内! »

2019年2月 2日 (土)

英語という翼のために

英語講師の秋田です。

このところ、
日本のスポーツ界を賑わしているのが、

テニスの
大坂なおみ選手と錦織圭選手ですね!

テニスにあまり詳しくない私ですが、
両選手のパワーあふれるプレイと、
どんな状況になっても
自分の気持ちをコントロールする
メンタルの強さは、
なるほどと
感心しきりです。

それよりも私が注目するのが、
二人の
英語力の高さです。

インタビューに
英語で答える時の
堂々とした発言は、


「ついに日本人もここまで来たか!」と


初めて耳にした時は
感動しました。


大坂なおみ選手の父親は、
ハイチ出身だそうです。

ハイチの公用語は、
フランス語とハイチ語です。

ご自宅では、
フランス語と日本語を
話していたかもしれませんね。


錦織圭選手と同じように、
幼い頃から
世界で戦うことを意識して、
テニスと同じく
英語を学んできたのだと思います。


私の子ども時代は、
ただ「英語が必要」という理由で
勉強をしましたが、
今、私の英語教室に習いに来る
子どもたちの中には、


具体的に
「将来、水泳のオリンピック選手になりたい。
  そのために英語が必要だから」


「アメリカに世界一大きいカブトムシを
   捕まえにいきたいから」
という理由で来ている子もいます。

しかやまの子どもたちも、
将来自分が
やりたいことや、
なりたいものが見つかった時、

「英語がみんなの
 翼の一部分になって
くれるといいな!」と
願いながら、
毎週の英語の時間を行っています。


写真の絵本は
オーストラリアで購入しました。
お母さんの愛情も
世界共通ですね。

Dsc_0551

« 冬のあったかメニュー~肉まん作り~ | トップページ | 鬼は外!福は内! »

無料ブログはココログ